11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

     
    auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
    米国の不動産業者、多言語使用が顧客獲得の武器に
     
    << 実はこれ、好きなんです! | main | オススメの暑さ対策何ですか? >>
    0
      米国では英語以外の言語を使うことのできる不動産仲介業者は15%程度しかいない。だが、海外の顧客を獲得する上で、さまざまな言語を操る能力は大きな武器となっているようだ。

      http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303828304580044493680621252


      というわけでやっぱり今時は英語だけじゃなくてその他の言語が大事なんだなー
      って思ったわ。

      どんな業界でも。
      どんな国でも。

      ね。


      そんなわけで最近英語の勉強がんばろうかな?
      と悩んでいますわ・・・
      正直日本語もきっちりできている気がしないけど、それでもね。

      ま、そんなことを考え中です。
      やってみよう〜
      って言うだけならば無料だし。
      なんの責任にもならないしね・・・

      そもそもが自分に+になるかどうか。
      なんだし。

      JUGEMテーマ:アメリカ
       
      auther:blokan, 不動産, comments(0), -, -
      スポンサーサイト
       
      0
         
        auther:スポンサードリンク, -, -, -, -
        Comment
         









         
         
        (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.